読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむ♪のゆきあたりばったり。

30代外資系OLです。4月からワーキングマザー(予定)

ハロウィンのディズニーシーに行ってきました。

 ハロウィンシーズンのディズニーシーに行ってきました。

 猫好きとしてははずせない、ダッフィーのお友達ジェラトーニ。ぬいぐるみを持って歩くだけの勇気はないけれど、抱えてる人、バッグから顔だけのぞかせてる人、たくさんいました。

f:id:SixTwoFive25:20151023131540j:plain

 このディスプレイだと、捨てられた子猫ちゃんたちみたいですね。

 

 ハロウィンらしく、ジェラトーニのJack o lanternも。ジェラトーニは絵描きさんなので、こんなディスプレイもありました。

f:id:SixTwoFive25:20151023131316j:plain

 

印象に残ったショーは、お昼をしながら見た、マイ・フレンド・ダッフィーです。

www.tokyodisneyresort.jp

このダッフィーのショーは3幕あります。

最初が、ダッフィー誕生編。二つ目が、ミッキーとダッフィーの旅立ち編です。

www.youtube.com

三つ目が、ダッフィーのガールフレンド、シェリーメイ誕生編。

www.youtube.com

 私たちは、”旅立ち編”と”シェリーメイ編”を見ました。

 シェリーメイ編は、ミッキーとダッフィーが、旅から帰ってきたところから始まります。ひさびさの再会を喜び合うミッキーとミニー。少し離れたところで寂しそうにしているダッフィー…。…これって「ぼっち」では?
向かいに座っている夫(自称コミュ障、元非モテ)をちらりと見ると、複雑そうな顔。…やっぱり同じこと思ってるのね…。

 そして、ぼっちのダッフィーを可哀想に思ったミニーが、ダッフィーのガールフレンドとしてシェリーメイを作り、「これでもう寂しくない!」というアメリカ的なハッピーエンドでお話は終わりました。

 幕が降りたところで、再び夫を見ると、今度は呆気にとられていました。

「…ミニーって創造神だったんだ…。ぼっちに彼女を創造してくれるんだ…」

 まあ、もともと、ダッフィーを創造したのもミニーだったし。いつか、ひとりもののジェラトーニにもアーティストな彼女ができるのかな?

 

 ハロウィン限定のヴィランズのショーも、格好良くてよかったです。目の前にいたパイレーツのお兄さんが、パイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップみたいなイケメンで、そこばっかり見ていたけれどね!

 

 来月は、妹と姪と友達とランドに行ってきます。11月の終わりは、ディズニーはクリスマスの時期。プロジェクションマッピングもクリスマスバージョンになっていたらよいな。